外国債利回りガイド

発毛剤と育毛剤の違いとは

発毛剤や育毛剤、また養毛剤などは、一般の人では区別がつけにくく、自分がどのタイプの薬剤を使用すれば良いのかが、分らない人もいます。

ここでこれらの違いについて考えてみましょう。

まず養毛剤と呼ばれるものは、対象や効果が非常に漠然としており、内容的にも多くの種類が含まれています。

おしなべて髪の毛の発育を補助してくれるようなものや、民間療法などで薄げに効くとされているもの、また特定の業者が研究して、髪の健康に効果があるものなどの総称が、養毛剤であると言えます。

しかし発毛剤と呼ばれるものは、こうした養毛剤とは一線を画しています。

発毛剤は身体の中や外から、発毛の要となる毛母細胞を積極的に刺激したり、あるいは毛母細胞の働きを阻害するような物質を除去する作用があります。

このように発毛剤は非常に作用が強いため、一部の発毛剤は使用するにあたって医師の診断を必要とする、処方薬となっているものもあります。

薄毛や脱毛をに悩んでいる人の場合は、いずれかの発毛剤を試してみる必要があります。

また育毛剤と呼ばれる多くの商品は、すでに生えている髪の毛のケアをすることが最も大きな目的となります。

具体的には貧弱な産毛程度のものに栄養を与えたり、発育の障害となる余分な脂質を取り除いたりします。

このように発毛剤と育毛剤は役割が異なっています。

現在眠っている毛母細胞の目を覚まさせて毛を生えさせるのが発毛剤で、その髪の毛を丈夫なものに育てていくのが育毛剤の働きとなります。

そのため発毛剤と育毛剤は併用することでいっそう大きな効果を得ることができます。